ヒグマログ

ブロガー向きじゃない僕の就活・ライフスタイルブログ

【GD編】ダメ就活生から抜け出す8つの質問と対策

就活生がGDとケース面接のコツを知るための記事です。

GDを突破できる就活生になるために

多くの企業の選考で必要となるグループディスカッション(以下GD)。

この2つって苦手意識を持っている方も多いんじゃないでしょうか。自分の地頭とか頭の回転の早さがモロバレする選考のように思えますもんね。だいたい面接前にこの選考フローが組み込まれていて、ガッツリ学生が落とされていく難関ポイントと言えるでしょう。

ただ、今までGDで不合格食らったからって「ああ..地頭が悪いからだ..もうダメだ..」なんて思わなくて良いですよ。

ケース面接は割と地頭勝負なところありますが、GDは全くそんなこと無いので。

この記事ではGDで落選してしまうようなダメ就活生から抜け出すためのポイントをまとめていきます。

少し工夫をするだけで選考通過率ガンガン上がるので頑張っていきましょうね。

 

【GD編】ダメ就活生から抜け出す8つの質問

さっそく、GDで押さえておきたい9つのポイントを質問形式で紹介します。ここで紹介するのはGDで最低限できておかないとなりません。NOが1つでもあったら本当にダメ。今まで数回「ダメ就活生から抜け出すシリーズ」やってますが今回が一番ダメですからね。基礎の基礎です。

就活生がGD対策に知っておきたいコツを解説した画像

(1)GD、ちゃんと喋ってる?

GDで喋れていないのはもう問答無用でアウトです。いや、分かるんですよ、「喋りたいけど喋れないんだよ!」っていう意見も。僕も最初の方そういうときあったので。

ただ、喋れる場面って意外とあるんです。GDを仕切るリーダーでなくとも喋るチャンスはいくらでもあります。

例えば、GDを一度整理する役割など。だいたい大人数でGDしていると話が散らかったりしますよね。そういう時に「一旦状況整理しましょう」と切込み、自分が仕切ることもできますよ。

また、イデア出しのときでも喋ることできますよね。だいたい就活生がやるGDなんてクソみたいなアイデアしかでないので、「このアイデア幼稚すぎるかな」なんて心配しないでバンバン言っちゃってください。

そこで君の意見をバカにしたりスルーしたりするやつがGD落ちるので大丈夫です。

勇気をもってとにかく喋ることから始めましょうね。

 

(2)GD、笑顔でやってる?

意外と重要なのが笑顔。GDって会社入った後に学生がどんな感じで仕事するのかみたいんですよね。

そこで「頭はめちゃくちゃ良いけど何か理屈っぽいやつ」ってどうですか。ウザイでうよね。でも頭も良いし対応も優しくて笑顔な人だったら一緒に働きたいってなると思います。

こんな感じで「一緒に働きたい」って思ってもらうために戦略的に笑顔を使っていきましょう。相手の意見を一度受け入れ、でもニコニコしながらもっと良い対案だして

、軽やかにGDを回せれば相当強いです。

 

(3)GD、相手尊重してる感じちゃんと出せてる?

相手を論破することに集中して攻撃的な態度を取らないでください。たまにムカつくやつもいると思います。「何だこいつ」って思わせてくる相手も絶対いますよ。

でも、そんな時に素の表情を見せないように。大人の対応で爽やかに論理で潰しましょう。感情で対抗してしまうと幼稚って評価つけられますからね。

潰すときもやんわりと、相手の意見も褒めながら自分の方向に引っ張るとよいです。

 

(4)GD、理解できなくなったら質問してる?

たまにGDが早すぎて「あれ、今何やってるんだっけ」ってなることありますよね。そんなときは遠慮せず質問すること。ココで質問しなければGD終了まで一言も喋れなくなりますよ。

だいたい自分が分かっていない時、他の人も思考ストップしてます。だから「バカって思われないかな」「マイナス評価つけられるかも」って心配する必要一切なし。

 

(5)GD、議論を前に進める意見を言ってる?

GDに慣れた中級者はこのポイント意識して欲しいですね。「GDの最初に定めたゴールに近づくような意見ってなんだろう」と考えながら発言するようにしましょう。

GDをやっていると結構「今そこにそんな多くの時間かけて議論する必要ある?」って場面ありますよね。それって目の前の事に熱中しすぎて俯瞰できていないからなんです。

そこに気づくことができたならば絶対に指摘しましょう。そのうえで今議論すべき論点を整理してあげること。「僕たちのゴールって何でしたっけ?もう一回確認しません?」なんて言っても良いですね。

 

 

(6)GD、ちゃんと反論してる?

GD、全然反論して良いですよ。相手から反論を受けたりして「なるほど、たしかにそうかも知れません」とか直ぐに折れちゃう方が駄目です。

そこで「いや、僕はこうだからこう思います」ってしっかり反論したほうが、自分の意見をしっかり持ってる子っているイメージが面接官に伝わりますよ。

ただ、明らかに全員が反対してきて「自分間違ってるかも」ってときは適度に反論して折れることも大事です。

 

(7)GD、進め方は頭に入ってる?

GDの進め方入っていないと損することも結構あります。基本的に①前提確認②議論③まとめって感じでGDは進めます。

たまにこの前提確認をせずに「じゃあ一人ずつ意見いっていきますか」みたいな人もいます。でも議論をするには、まず全員の固定観念を取っ払ってフラットに議論をする必要があると。一人一人発表しているとどんどん時間過ぎていきますし。

こういうGDの進め方を理解していないと班員から嫌われる可能性があるので注意してくださいね。嫌われると自分の意見通りにくくなるので。

 

(8)GD、無言の人に話振ってる?

GDに慣れている人は要注意。自分が議論進められるからって一部のメンバーで話していたりしませんか。ダメですよ、チーム員全員の力使えばもっと良い議論ができるかもしれません。

だから黙っている子がいたら必ず「〇〇さんなんか思う所ある?」とか「〇〇さんどう思う?」みたいに振りましょう。それでも無言な子はスルーしても良いですが、一度は聞くように。

 

GDを勝ち抜く就活生になろう

この記事ではGDで落ちちゃうダメ就活生から抜け出すためのコツをお伝えしてきました。今回はGDの基礎の基礎を解説したのですが、以下の記事ではより上級者向けにGD対策をガッツリ解説しています。

興味があれば見てみてくださいね。皆さんがGDを余裕で通過する就活強者になることを祈っています。

それでは。

pandenm.hateblo.jp

pandenm.hateblo.jp