ヒグマログ

ブロガー向きじゃない僕の就活・ライフスタイルブログ

スマホカメラは絶対にミラーレス一眼に敵わない-大学生ブロガーの感想

スマホ派の大学生がミラーレス一眼を買ってみた結果

この記事の概要

  • ミラーレス一眼を買った感想と評価

この記事のターゲット

  • ミラーレス一眼を買おうか悩んでいる人
  • キレイな写真を取りたいと考えている人

悩んだ末、遂にミラーレス一眼を買ってしまった

スマホでいいや

 

僕は2年間このセリフを言い続けてきました。漠然とミラーレス一眼に興味はある。キレイな写真を撮ってみたい。

 

でも、大金を払ったのに失敗だったら渋い。じゃあ今買うのは辞めておこう。でもやっぱり気になっちゃう。

 

大学入学当初からこの「ミラーレス一眼を買うかどうかジレンマ」に挟まれていた僕。気がつくと大学卒業手前になっていました。卒業旅行とかたくさん遊びにいく人生最後の夏休みです。

 

「最後くらい遊ばせろ!金なんて働いてからどうせ貯まるだろ!」と自暴自棄になった僕は、遂に勢いでミラーレス一眼を購入。

 

しかし、クレカを店員に手渡す時に急に我に返った結果、当初予想していた嬉々とした表情には失敗。「小学生が宿題を忘れた」のような絶望の表情をした僕がいました。

 

そんなこんなで購入から2ヶ月が経過。あのとき絶望した僕はもういません。カメラが子供のように思えるほど大事な存在に。もっと早く買えば良かったとさえ思います。

 

だからこそ、カメラの購入を渋っている人達に早くカメラライフを楽しんで欲しいという思いからこの記事を書きました。

 

圧倒的カメラ初心者の僕が、実際にカメラを使ってみて分かった「良かったポイント」と「微妙だったポイント」を紹介します。ぜひ購入のヒントにしてくださいね。

 

 

ミラーレス一眼を買って良かったポイント

スマホで満足していた大学生がミラーレス一眼を買ってよかったポイント

(1)写真がスマホより圧倒的にキレイ

「いやいや当たり前でしょ」と思ってるそこのアナタ。

 

あなたが思っている以上にスマホとミラーレスって差がありますよ。なんならコンデジ(コンパクトデジカメ)とも全然差があります。

 

僕は今まで「Iphone7」「GalaxyS7」のカメラで「Foody」などの加工アプリを使って写真を撮っていました。その写真で結構満足していたんですが、実際撮ってみると全然違います。

ミラーレス一眼で実際に撮った写真

やっぱり質感とかボケ具合がスマホには出せないクオリティなんですよね。カメラ初心者でAUTOばっかり使う僕がテキトーに撮っても、主役を引き立たせられてしまうんです。 

 

この前行った沖縄旅行で「ハワイと比べると微妙いな〜」と言ってた僕ですが、「あれ沖縄こんなにキレイだったっけ?」と驚くくらいキレイに写せてしまうと。

 

(2)スマホと同じスピード感で撮れる

スマホでの撮影って「旅行のテンポを邪魔しない感じでサクっと写真撮れる」ところが良いですよね。

 

カメラ買っちゃうと設定をイジイジする時間が出て「カメラで撮ることに必死になって、楽しむことが疎かになるかな」と僕は懸念していました。

 

ただ、実際使ってみるとそんな事は一切無く、スマホ感覚で使えます。先程も言ったとおり、僕は設定とか面倒なので「AUTO撮影」の使用がメイン。

 

そのため、撮りたいときにパッとカメラを出して撮影が可能に。調整する時間とかもほぼ無いので、ストレスフリーです。

 

スマホと変わらない手軽さで、格段に良い写真が撮れるのってめちゃくちゃ良くないですか?

 

(3)旅行が2割増しくらいで楽しくなる

僕は今まで旅行に行くとき、旅行の最中を楽しむタイプでした。なので、旅行前とか全然計画立てたり考えたりしないし、旅行後もすぐに忘れる感じ。

 

ただ、ミラーレスを買ってからは「旅行前」と「旅行後」も楽しくなりました。「旅行前」はキレイな写真が撮れそうな場所を探し、胸を膨らませる。

 

「旅行後」はキレイに撮れた写真を見返し、次に撮りたい構図とかを考える。こんな感じですね。

 

旅行にミラーレス一眼が増えたことで、今までよりも同じ旅行から得られる満足度が増えたと僕は思います。

 

ミラーレス一眼を買って微妙だったと思ったポイント

スマホで満足していた大学生がミラーレス一眼を買って微妙だと思うポイント

 

(1)カメラレンズの価格が高い

AUTOモード使いの僕ですが、もっと良い写真を撮ってみたいな〜と思い、レンズ探しに行ったことがあります。その時にレンズの価格を見て愕然としました。

 

一番安いものでも約3万、高いものだと何十万とするのです。高すぎて笑いました。

 

実際そこで単焦点レンズを購入した僕はもうカメラの物欲は収まっているのですが、もっとハマってしまうとお金吹っ飛ぶことを痛感。

 

のめり込みすぎると怖いですね。

 

(2)荷物がかさばる

一眼レフよりはコンパクトなミラーレスですが、やはりスマホよりは確実に大きいし重いです。

 

カバンに入れるとかさばります。「とにかく軽装が良い!手ぶらが良い!」という方にはやっぱりおすすめできませんね。

 

ただ買って2週間くらい使っていると意外に慣れてしまうもの。実際重いは重いんでしょうが、いつの間にか「当たり前」になります。

 

ミラーレス一眼を選んだ理由

一眼レフやコンデジ(コンパクトデジカメ)という選択肢もある中で、ミラーレスを選んだ理由が気になる方もいるかと思うので説明しますね。

 

(1)一眼レフを選ばなかった理由

「デカくて重いから」です。

 

ミラーレスと構造が違うので仕方が無いんですが、僕は「サクッと手軽に良い写真を撮りたい」人だったため、ニーズには合いませんでした。

 

画質も一眼レフの方が良く撮れるらしいんですが、店頭で実際に比べたところ僕にはあまり差が無いように思えてしまったのです。

 

プロの方からみると全然違うんでしょうが、素人の僕からすればあんまり分かりませんでした。

 

そのため、一眼レフは候補から外れてしまったと。

 

(2)コンデジを選ばなかった理由

画質がイマイチだったから」です。

 

価格がかなり高い上位機種を買えば画質も良いのでしょうが、僕の予算は8万。同じ価格帯のコンデジは「ボケ感」がかなり微妙で、「スマホで良いじゃん」と思ってしまうレベルでした。

 

僕は「どうせ撮るなら良い画質のものが欲しい」と思っていたので、コンデジは候補から外れた感じですね。

 

僕が買ったミラーレス一眼

最後に、僕が実際に買ったミラーレス一眼を紹介しておきます。僕が現在使っているのは、OLYMPUSの「OM-D E-M10 Mark III」です。こんなかんじ。

僕が実際に買ったOLYMPUSのミラーレス一眼

 

男心をくすぐるこのメタリックなボディー。めちゃくちゃかっこいいです。

 

家電量販店行くまではソニーのカメラにしようと思っていたんですが、実物を見て完全にやられました。

 

コンパクトなくせに、「メカ」って感じがするんですよね。今まで特にメカっぽいもの好きじゃなかったんですが、謎に惹かれてしまいました。

 

しかもカメラやってる先輩や店員さん全員が勧めてくる商品がこれだったと。スペックとか詳しいことは分からないけど、「取り敢えず良い写真が撮れる」「初心者も手軽に使える操作性」「所有欲が高まる見た目」っていう軸で選びました。

 

間違いなく最適解だった思います。手ブレ補正が最強クラスに強いらしく、片手でパシャパシャ撮っててても全然ブレません。

 

ちなみに、僕は家電量販店を3店舗通い値切り続け、定価¥87,500円を実質¥77,000円程度で買うことに成功しました。Amazonでも同じ程度の価格なので、「値切るのが面倒」という方はAmazonで買うほうが絶対良いです。値切るの結構疲れます。