ヒグマログ

ブロガー向きじゃない僕の就活・ライフスタイルブログ

総合商社が就活生にとって悪魔的に魅力なワケ

総合商社が就活生にとって魅力的な理由を説明した記事のイメージ

この記事の概要
  • なぜ総合商社は就活生に人気なのかを考察
この記事のターゲット
  • 総合商社を視野に入れている就活生
  • 総合商社が人気の理由を知りたい方

総合商社は就活生の感覚を麻痺させると僕は思う

未だに就活人気ランキング上位を陣取る総合商社(以下商社)。

 

トップ就活生には商社じゃなく外資戦略コンサルが人気だ〜」などと就活界隈では言われているようですが、未だに根強い人気を誇っていますよね。

 

僕の周りでも「とりあえず生」的な感覚で「とりあえず商社」を受ける友人が多いなと感じました。恥ずかしいことに僕もその就活生のうちの一人。

 

商社の事業に興味はほとんど湧かなかったものの、商社狙いで就活をする駄目就活生っぷりを発揮していました。

 

ただ、これは僕の意志の弱さのせいではないかもしれない。そうふと思ってしまいました。そもそも商社が悪いのではないかと。就活システムが悪いのではないかと

 

この記事では商社および就活システムに責任転嫁しながら、なぜ就活生は商社に惹かれてしまうのかを考察していきます。

 

※熱を入れすぎたあまり結構長い文章になりました。結論のみ知りたい方は「就活生よ、商社の誘惑から目覚めよ」 まで飛んでください。

 

 

そもそも商社の事業って本当に面白そう?

この質問を商社志望の就活生にしてみたら、NOが6割くらいまで到達するのではと僕は思います。

 

商社の志望動機で用いられる「グローバル」「社会貢献」「経営者」という言葉を本気で言っている人はごく少数。

 

実際、仕事自体に面白さを感じるられる部分ってありますか?

 

僕には大学生が石炭のトレードや化学品の川上業務に「すごい、かっこいい!」と感じるほど渋いセンスを持っているとは思えません。

 

興味のある仕事があったとしても配属リスクがあるからやれるとは限りませんし。

 

では何故就活生たちは(僕も含め)商社に惹かれてしまうのでしょうか?

 

商社の悪魔的魅力を考察してみた

さて、ここから商社が就活生を虜にするポイントに迫っていきましょう。

 

まず仕事内容の想像が付きづらい商社に、就活生はなぜハマってしまうのか。そのキッカケとなる2つの理由を考察しました。

 

(1)圧倒的にコスパが良さそうな年収

コスパという三文字がポイントです。

 

外銀・外コンは若くから稼げる一方で残業時間が宇宙クラス。しかも常にクビがちらつきます。

 

一方、商社はほぼ終身雇用潰れるリスクもほぼ無し。おまけにまだ許容範囲の残業時間

 

それなのにもらえる給料は30歳で大台確定。海外手当も入れればもっと上もいくかもしれません。

 

世間体も良いし、仕事もグローバルだし、給与も良い

 

このように比較的人間らしい贅沢な生活を送れるように見える上、やっていることもロマンがありそうに見えることが理由でしょう。

 

(2)OBがかっこいいという事実

商社狙いの就活生が避けては通れないOB訪問。

 

みなOB訪問を終えた後「〇〇商事かっけえ..」などと恍惚な表情を浮かべます。

 

なんせOBがカッコいいから。高そうなスーツに、引き締まった体、爽やかな見た目。

 

昼食代をさっそうと奢ってくれます。商社に入ったから魅力的になるのではなく、そもそも魅力的な人しか商社に入れないという事実を忘れ、就活生は商社にハマっていくことに。

 

就活生よ、商社の誘惑から目覚めよ

こうしてミーハー就活はもう商社にメロメロ。

 

本当にやりたい仕事を見失ったまま、商社に向けてダッシュを決めます。ここからは何故商社就活に片足を突っ込んだ就活生が、ドツボにハマっていくのかを解説します。

 

他の業界もちゃんとOB訪問してる?商社以外もちゃんと会って話聞いてる?

就活生が商社にハマっていく理由を考察するには、この質問がめちゃくちゃ重要。

 

みなさん、商社以外も、ちゃんと会って話を聞いていますか

 

商社狙いの学生って、5大商社のOBと何人も会うことに専念してしまい、就活のほとんどの時間を商社対策に使ってしまうと思うんです。

 

そして他の企業に時間を割くことが出来ず、ちゃんと仕事を理解したという自信があるのは商社業界だけ。

 

気づいたら本選考まで時間もなく、「商社就活頑張ったし、OBさんもカッコいいし、やっぱり商社!」ってなっちゃうんです。

 

つまり、商社が就活生にとって悪魔的に魅力的なワケ、それは商社が就活生に求める「OB訪問スタンプラリーシステム」にあると言えます。

 

商社就活に就活生の時間を割かせ、他の企業を検討する時間を奪い取る、蟻地獄といえるでしょう。

 

もがけばもがくほどハマってしまう、商社しか見えなくなるまさに蟻地獄です。ああ悪魔的。

 

以下では就活生が商社にハマっていく様を表現しました。就活生のみなさん、A君を反面教師にしてください。

 

就活生が商社のメロメロになるフロー

①就活開始。


②憧れの先輩が「商社」に行ったことを知る

 

③調べると年収も高くモテるらしい。商社が志望業界に入る


④商社はOB訪問が必須と知る。実際にOB訪問申請を送ってみる


⑤OB訪問に寛容な業界のため、すぐにアポを獲得

 

⑥実際にOBと会う。爽やかな見た目コミュ力で志望度UP


⑦OBから「僕は石炭だけど商社はもっと色んな仕事がある。どんどん他のOBに仕事のこと聞くと良いよ」と言われ、他のOBを紹介される。


仕事自体に面白さは感じなかったが、カッコよさに惹かれてしまう。自分のやりたいことがきっとあるはずと信じ、OB訪問を重ねる。

 

⑨何となく事業経営に惹かれ、仕事へも悪くないと思い始める。いつの間にか本選考3ヶ月前。今度は各商社の社風を知るためにまたOB訪問。

 

⑩各商社5人程度OB訪問終了。他の企業に割く時間はほとんど無くなり、本当にこれで良いのか不安になる。だが、これだけ時間をかけたのでもう戻れない。さらにOB訪問を重ねる

 

⑪本選考へ。商社以外もエントリーしたが商社が本命。採用人数が多いので、なんなく内定を獲得。お世話になったOBへの挨拶も済ませ、褒められる。大学でも友人に一目置かれる。幸せを噛みしめる。

 

⑫内定式前、あらためて「配属リスク」や「入社後の宴会芸」などについて考える。やっぱり配属希望はなかなか通らないらしい。「俺って本当に商社で良かったんだっけ?」「最終的に何したいんだっけ」と不安になる。

 

商社で良いのか、一度冷静になって考えてみよう

この記事では就活生が商社にメロメロになる理由を考察しました。

 

もちろん、かなりバイアスはかかっています。中にはちゃんとした理由から商社を目指している就活生もいるでしょう。

 

ただ、得てしてこのパターンが多い。就活を終えた後に後悔する就活生がいるのは事実です。

 

本当にやりたいことが商社と一致するならばよいのですが、そうでない場合の可能性も十分ありえます。

 

就活中、「商社カッコいい」と脳をストップさせるのではなく、あらためて「自分は何がしたいのか?」「そのためには何をすればよいのか?」と夢から逆算するようにしましょう。

 

ただ、やっぱり商社への憧れもあるし、一応みておきたいっていう就活生もいますよね。そんな方に向けて「各商社の雰囲気と違い」をまとめた記事を作りました。暇だったら見てみてください。 

 

この記事を読んだ就活生が賢者モードになってくれれば幸いです。

 

それでは。

pandenm.hateblo.jp

pandenm.hateblo.jp

pandenm.hateblo.jp

 

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村