ヒグマログ

ブロガー向きじゃない僕の就活・ライフスタイルブログ

僕が無印良品のノート「らくがき帳」を激推しする3つの理由

f:id:pandenm:20180918231843j:plain

とにかく迷ったら無印良品のノート「らくがき帳」を買ってほしい

 「紙離れ」と言われる現代でも、何だかんだ欲しくなってしまう紙のノート。

 

何かこう手放せない魅力ってノートにありますよね。アイデアとかモヤモヤした気持ちを整理したい時こそ、紙のノートを使う方も多いのでは無いでしょうか?

 

そんな方に是非頂きたいのが、無印良品のノート「らくがき帳」。この記事では無印良品のノート「らくがき帳」の魅力を解説します。

 

 なぜ僕は無印良品のノート「らくがき帳」を激推しするのか

さて、ここから本題に入っていきましょう。ズバリ、僕が無印良品のノート「らくがき帳」を激推しする理由は以下の3点です。

 

  1. とにかくコスパが良い
  2. 枠線が無い
  3. 気取らないシンプルな見た目

 

(1)とにかくコスパが良い

まずこの無印良品の「らくがき帳」、お値段はB5サイズ税込み92円です。

 

この値段自体は同じく無印良品が出している普通のノートと変わりません。

 

ただ、注目してほしいのは枚数。通常のノートは30枚なのに対し、「らくがき帳」は80枚も書けるのです。約2.67倍ものページ数があると。

 

同じ値段払ってノートを買うなら、より多くの文字が書けるものが良いですよね。この「らくがき帳」はそんな願いを叶えてくれます。

 

(2)枠線が無い

無印良品の「らくがき帳」には枠線がありません。

 

そのため、「キレイにノートを取りたい」という方にはあまり向かないことでしょう。

 

しかし、「良いアイデアを出すため書きなぐりたい」「状況を整理するために書きたい」という方には圧倒的に「枠線なし」をおすすめします。

 

なぜなら、自分の考えが無駄な線に邪魔されず、思考を整理しやすいから。

 

とにかく文字を書きまくりたい!」という願いを叶えてくれるでしょう。

 

(3)気取らないシンプルな見た目

無印ブランドに共通するのが「無駄を削ぎ落としたシンプルさ」。

 

この「らくがき帳」もそんな見た目であり、100均のノートほどチープでも無く、高価格なノートほど気取った感じもありません。

 

どんな場所にも似合い、万人から受けが良いという魅力があります。

 

なんだかんだ紙のノートって良い

ここまで無印良品のノート「らくがき帳」をべた褒めしてきました。少しでも無印良品の「らくがき帳」の魅力が伝わっていれば幸いです。

 

ぜひ皆さんもパソコン作業で頭が凝り固まった時、紙のノートで発散してみてはいかがでしょうか。

 

そのときにみなさんが今回紹介した無印良品の「らくがき帳」を使ってくだされば嬉しい限りです。

 

 それでは。

www.muji.net

www.muji.net

pandenm.hateblo.jp

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 男子大学生へ
にほんブログ村